CONTACT

浮世で世界を繋ぐ

わたしたちは、「江戸と現代」「日本と世界」「伝統技術とエンターテインメント」を繋ぐ、現代の浮世絵を制作しています。
この活動によって、浮世絵の新たな需要を生み出し、江戸浮世絵木版画技術の保存と継承に貢献することを目的としています。

image1

UKIYO-E PROJECT TEAM

会社概要
ロサンゼルス本社
Mitsui Agency International, Inc.


11845 W Olympic Blvd,
Suite 1100w,
Los Angeles, CA 90064
Mail info@ukiyoeproject.com

代表取締役 三井悠加

設立 2014年5月

事業内容
1、江戸浮世絵木版画の企画・制作・販売
2、芸能タレント、作家、スポーツ選手、インストラクターの育成並びにマネージメント
3、アーティストの招聘


東京本社
株式会社三井ミュージック


〒135-0047 東京都江東区富岡1-26-18田﨑ビル3F

TEL 03-5245-3213
FAX 03-3642-0229

代表取締役 三井健生(通央)
設立 2006年9月

事業内容
1、江戸浮世絵木版画の企画・制作・販売
2、芸能タレント、作家、スポーツ選手、インストラクターの育成並びにマネージメント
3、レコード、録音・録画テープ、ビデオディスク、録音録画フィルム、コンピューターゲームソフトの原盤の企画制作、
並びに国内、国外への販売。
4、テレビ番組、ラジオ番組、コマーシャルフィルム、映画の企画制作及び音楽会、舞台等のイベントの企画、制作、運営
5、外国レコ-ド会社との原盤供給契約によるレコード、ビデオ、フィルムの国内販売。

UKIYO-E PROJECT ADVISER

?~浮世絵とは何か~!

浮世絵は日本の伝統的な木版画である。しかも、18世紀以降、オールカラーの「多色摺木版画」=「錦絵」の技法が開発されてから、さらに飛躍的な発展を遂げた。日本特有の技法である。
その技法を支える、職人たちの存在を忘れてはならない。職人たちとは、「絵師」「彫師」「摺師」である。三者の技量がそれぞれ最高に達したとき、優れた「浮世絵」が誕生する。
この伝統を過去から現代へ、そして未来へと繋げるプロジェクトが、「Ukiyo-e Project」である。
浮世絵は、いつの時代も、「現代」を映してきた。つまり「浮世絵とは現代を映す鏡」である。現代より古い時代の物語を描いても、浮世絵師たちは「現代の浮世絵」として描いてきたのである。

<国際浮世絵学会常任理事 新藤茂>

image
新藤茂 プロフィール

Ukiyo-e Adviser
東京理科大学 理工学部数学科卒業(集合論専攻)
東京工芸大学 大学院講師(「近世日本美術史特論」「芸術学特論演習」)
神奈川大学 公開講座講師(「浮世絵」「落語」「数学」)
歌舞伎座カレンダー「歌舞伎絵暦」の企画・構成・解説を毎年担当
国際浮世絵学会 常任理事
第24回内山賞受賞(2005年度・浮世絵研究)

現在の専門は、「浮世絵」「落語」「歌舞伎」「和算」で、
これらを基盤にして実証的な「浮世絵研究」を推進している。

FOUNDER'S MESSAGE

image

約8年前、浮世絵の版元さんより、浮世絵グッズを作りたいというお話がありました。
浮世絵が出来るまでの工程や工具のことなど、私自身も彫金をするのでとても興味深い話でした。

当時偶然にも読んでいた、杉本博司さんの『苔のむすまで』という本の中で「私の中では、最も古いものが、最も新しいものに変わるのだ」 という一文があり、
浮世絵を見たときに覚えた感情と正にリンクしました。

今は新しいものが溢れていて、最新の物を見たり流行に流され、使っては飽きて使っては飽きてを繰り返しているような。
昔教科書で見ただけで忘れ去っていたけれど、本当に価値のある “美” というものは実は遠い昔から存在しているものだったのだと。
当時浮世絵に触れ、偶然にもこの本を読んでいたことにより、日本人としてのアイデンティティー を深く考えさせられました。

世界に誇る日本の浮世絵。
しかし、現在では後継者がいなく、江戸時代から伝わる日本の伝統技術が途絶えてしまうのではと心配されています。
ゴッホも油絵で模写した広重浮世絵など、遠近法を取り入れた構図や雨を黒で描いた技術は、ヨーロッパ近代の画家達には衝撃的な影響を与えました。
世界中の方々に改めて日本の伝統工芸の素晴らしさを知っていただくために、このプロジェクトで新しい現代の浮世絵を作り発信していきたいと思います。

三井悠加
Mitsui Agency International
職人さんのプロフィールはこちら

SEND US A MESSAGE

お客様各位

2016年11月1日頃~2016年12月26日まで、
当サイトのメールフォームからのお問い合わせが弊社に届いていなかったという状況がございました。

現在は届くようになっておりますので、該当期間にお問い合わせをいただいたお客様で、
「まだ弊社より返信がない」というお客様におかれましては、大変お手数ではございますが、
再度お問い合わせをいただけますようお願い申し上げます。

ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません、何卒引き続きよろしくお願い申し上げます。

皆様のご意見・ご質問をお待ちしております。また製作に関してのご提案も随時募集しております。
ご連絡先を明記の上、お問い合わせください。

Name *
Email *
Subject *
Message *